« January 2012 | Main | March 2012 »

2012.02.29

ちょいと

ここんところ土日返上
週二で徹夜作業をやったりと
もうええ加減仕事はNO!(東京バビロン最高)

で、今日から国外へ逃亡しまっせ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ZAZ

最近モーレツに忙しいのだが
その合間を縫ってコレにはいったで

そう、ちょっと前に紹介したZAZさんです。
値段は相当したんですが
瞬殺で好きなった勢いもあっていきやした。

場所は赤坂BLITZ

どどーん、まったく縁のない会場やw
しかも赤坂でオシャレやね
ま、仕事帰りでスーツやし、ZAZさんの音楽性からは
違和感はないやろと会場へ
いつもの感じで開演ちょうどぐらいにいく。
で、なんか、人おらんなぁっと思い中へ入ると
既に会場内はパンパンの超満員やw
いつものパンクのライブと同じで思っていて余裕こいて失敗。。。
でも、ここはパンクで培った気合いで、無理矢理前方へ
押し入るのだった、当然周りにはからは相当白い目w

で、ライブスタート!
いや、もう素晴らしい、最高やん


約1時間半ぐらいやってんけど、一瞬に感じたね

で、やっぱり思ったんやけど
エディットピアフの再来とかいわれて、シャンソン、ジャズが
メイン
みたいな扱いされとるけど
ちゃうなこれは、やっぱり思った通り
どっちかっていうとジャンルレスでロック的な感じがしとって
熱いもんがビンビン溢れてまし
たわ。
あ、もちろんシャンソン(ピアフのカバーは泣けた)、バラードなど
しっとり系の歌も最高に素晴らしかったです。

そんな感じで個人的には最高やった。

ただ、なんというか来てた人は
いわゆる前者のイメージできてる人がほとんどで
客層も相当高めやったしな、40過ぎのオレがいうんやから相当ですわw
オレみたいなへんこな思いで観にきてる人は殆どおらんかったね
だって、踊りまくってたら、相当周りに嫌な顔されたもんw

思うに
ZAZ本人もこの辺の葛藤が相当あるんちゃうかなと
なんとなく思ったね。
以前にFUJIROCKにもでたことあるみたいやし
どちらかというと、そういう方面で活躍したほうが
絶対うけると思うんやけどな~

ま、また来日したら観に行くと思います。

なんでかっていうと
絶対演ると思ってた
Ni oui Ni non
を演ってくれへんかったからや(泣)
なんでやね~ん








| | Comments (5) | TrackBack (0)

2012.02.19

さむいでんな

ほんま、毎日さむいでんな

最近はちょっと仕事もぼちぼち忙しく
ライブから遠のいてる感じです。

ま、来週はZAZさんのライブがありますが
これが高くて、他をやめてしまったのもあります。
というのも、3月頭からちょっと南国へ
トリップするので
お金をね
ためないと。。。

なもんで、残念ながらMAUSERはいけまへん
mau.jpg

が、こっちは絶対いくで!
THINK AGAIN & SOTATILA
think.jpg

THINK AGAINの新しいのん
もう激ヤバでかっこいいんやけど
さりげなくSOTATILAもかっこいいです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2012.02.04

ZAZ

類は友を呼ぶというのか
そういう出会いかしら。
好きになるバンドにしても、ほしい音源、探してる音源でも
今は手に入ってなくても
最終的には必ず手元に来たり、出会ったりする気が
するんよね。
結局、縁というか運命に導かれてるというのか。。
ま、そんなことを思ったりします。

で、ZAZです。
ほんと何気に入った某店でかかってた
それだけです。
でも、一瞬でやられたんよね

ST(CD)
zaz.jpg

SANS TSU TSOU(CD)
live.jpg

あ、PUNKではないでw

21世紀のエディットピアフと云われとるらしいけど
ま、それはおいといて
基本はシャンソンやジャズでラテン系な要素が混じった
ような感じなんやけど
なんつうか、おれの好きなにおいがすんのよね~
いわいるレベルミュージック的な。。

バイオみるとバスク地方でやってたり
ようしらんけどドンディエゴってラテンロックバンドとかに
おった経歴、そしてパリの路上で結構やってたりと
ま、なんとなくわかるよねw

ま、怖れずにいうとオレの中では
マヌチャオあたりと同じ地平にいる感じ
あと、ボンクラ峠とか(なんか似てる曲あんねん)

ほんで、もって
2月に来日という、このタイミングですわ
はい、もちろんチケットとったでw
ウーッ、楽しみや!

$019

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »