2011.12.08

ENDON

音源全然書いてないですね。。。まあ、ええか

 

先日のライブ以来
脳裏にこびりついて離れないのであります。
そして、これを聴いて、反芻する日々であります。

ACME APATHY AMOK(CD)
endon_aaa.JPG


#058

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2010.11.03

MerryGorounD

昔の音源をゴソゴソしてると
あまり記憶にないものがでてきた。

久々に針を落とすと
記憶を掘り起こすことができたわ

当時、姫路のツレから恐らく貰ったものやな
いや借りパクかなw

NO WAR  GO  TO  HELL(FLEXI)

確かこの当時同名のバンドが存在していて紛らわしいことに
なってような気がするが。。。
姫路のMerryGorounDのほう、もう一個は確かメタルバンドとちゃうかったかな~

あまり印象にないんでググってみると
なんとブログ発見!!
なんと、ここのVoさんはまだ音楽活動をしてはるみたいやね
まぁ、今はパンクではないみたいやけど
ブログの中でこの当時の写真とかチラシとか
あってなかなかに渋いですわ

肝心の音は「NO WAR」はドロッとしたパンクロック風、
そして「GO TO HELL」ですが
こちらは渋いハードコアナンバーでベースラインがステキだ
充電装置の「DEAD LINE」とかと同じような雰囲気といえば
わかるかな、ようわからん例えかしら
まぁ、80年代ローカル臭がプンプンするいい感じってことやな。

しかし、これ当時というか今の今まで殆ど聴いてない気がするな~(汗)

#057

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2010.02.11

ナシ

今日はさぶいでんな、しかも雨・・
こんな日は家に引き籠もって音源を聴くのだ。

本日の音源紹介は「ナシ」です。
とうとうこんなもんまででるとは、ホントびっくり。
ナシといえばラフィン PON在籍で関西伝説のハードコアバンド
として聞かされてた訳で、噂のみで知ってたって感じですな。

no call a name EP(EP)

82年録音とのことだが、オレこの時まだ中一やで
やっとロックに目覚めはじめたばかりの時期で
しかもチンチン毛生えてなかったわw

そんな頃の音源とは思えない
異常な疾走感にとにかく圧倒されるね
この時代にこれは凄いんちゃう
しかも何者にも似てないハードコアサウンド!!
そしてライブ音源ならではの当時の空気感が
ばっちり封入されてます。


さて、あとは残る関西伝説
モホークス、メマイとかはでないのかしら

#056

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.06.13

南海ホークウィンド

今日は朝からゾウオが何故か無性に聴きたくなりw
その流れでダンマカといって、南海ホークウィンドへ

Oh!MORO 1(VIDEO)

1985年のライブはレコードになってますが、もってなく映像で。。

メンツはZOUO解散後のチェリー、ハナタラシのアイ、
原爆のエディー、アウシュビッツの林(R..I.P)、コンチの磯部などなど
関西アンダーグランドの雄が集結したバンド。

特筆すべきはチェリーと山塚アイでしょう、やっぱ。
チェリーはゾウオ解散→渡米→帰国後の時期だと思われ、
恐らく日本で一番早いデビロック姿で登場し、あのボーカルで歌うわけですわ
そしてアイはハナタラシ時代なので登場からいきなり
暴れまくり、破壊しまくりのパフォーマンスを繰り広げ、
ドラムセットを壊してライブ強制終了となるのですが
この間約2分ぐらいw

そして終了後のチェリーの
「暴力振るったら、それでパンクや思とるんとちゃうんか」
で、もう失禁しそうになります。

たかだか2分間やが、この時代の空気感が漂い
今みても緊迫せざるを得ないすばらしい内容です。
まぁ、観にいってないんやけどねw


S.O.B階段 2(VIDEO)

こっちはそれから4年後の1989年のライブ
メンツはほぼ同じでダンマカのワッティーが増えてるかな。
こっちは1985年をみた後だと至って普通にみえるなw

#055

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.03.14

DEADLESS MUSS

デッドレス再発するみたいやね。
デッドレスといえば静岡ということもあり、結局当時みた記憶はないな~
来阪したことあったっけかな。。

860 Seconds Cooking(EP)

3rd EPになる本作。
2nd以前のもろハードコアというスタイルから、
当時大ブームとなったスケート要素がファッション、音ともに
もろにブチ込まれてます。
当然この時期はオレも、マーチンからバンズのスニーカーに
ジーンズは半パンに
そしてスーサイダルに代表される西海岸系のTシャツにネルシャッツ
みたいな風貌に変身してましたわw
まぁ、その当時にもろカブりまして、
これ今聴くと懐かしいやら、恥ずかしいやらですがw
久々に聴いたらやっぱ燃えるな~

5 YEARS  IMPRISONMENT(LP)

1st Albumであり最終音源になった本作。
3rdEPでみせた怒涛のスラッシュ感は少し影を潜めますが
デッドレスのオリジナリティが炸裂してる傑作やと思います。
特に喉から絞りだされるような独特のVoに
はまるともう抜け出せませんわな。

VA/HANG THE SUCKER(EP)

1st Albumとかぶる3曲収録。
こちらのほうが荒々しいテイクやな。

うーん、ジャケの「血のバレンタイン」のチョイスが渋いなぁ


VA/消毒GIG(LP)

相変わらず録音状態がひどい。。まぁドキュメントやねこれは。

しかし、デッドレスが再発ということは。。。
次はSO・・・でしょうか。

#054

| | Comments (15) | TrackBack (1)

2009.02.03

THE BONES

先日京都に日帰りで仕事にいってきました。
だから、京都ハードコアなぞ。。

このバンドは例のクロウの時にでてくる師匠から
「これ聴いとかなアカンわな、プロイテッドや!バーミーアーミーや!!」
と云われすすめられたのを思いだすな。

当時、プロイテッドやと云われても、
正直「DEAD CITIES」ぐらいしか聴いたことなくて(汗)
それを隠そうと
「ホンマ、ほなメチャ渋そうやな」
とかなんとか平静を装いつつ。。受け答えた気がするわw
それでちゃっかり、「Troops of Tommorow」も一緒に借りて帰ったっけ(汗汗)

IN  A  SICK  SOCIETY!(EP)

メンバーにのちの
SxOxBのTOSHIMI氏、CITY INDIANのFUNNYARA氏
在籍です。

で、内容はかっこ悪いわけがないちゅうねん!!アホかっ!ちゅう感じです。

聴いた後からレコ屋を探し回ったね~
で、なかなか見つからんかったんを思いだすなぁ。。

ボーンズはこれの他にビークレのオムニバスにも収録されとりますが
そっちはあんま好きくないのよね。。やっぱこれが最高ですわ。
お墓にもっていける一枚です。

#053

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2008.10.26

THE TRASH

久々に音源など・・

先日ひいた風邪がいまいちすっきりせず、今日は家で引きこもり
山本リンダをを聴いていると、ふとTHE TRASHのことを思いだした。
聴いたときないけど、たしか「じんじんさせて」をカバーしてるというような
記事をなんかの雑誌で見たような気がするのだ。

そんな感じでオレの音楽鑑賞の旅は変なリンクでぐるぐる続くのだ。。

虎祭音頭(EP)

で、本作ですが当時はハードコア一辺倒だったのですが
これを購入した理由は他ならぬゲスト陣でしょうw
マサミ、ジャジャ、バキ、甲本ヒロト、グレイトリッチーズとか
もう当時青かったオレはこれだけで買う理由があったのさ。
内容はパンクロック、いや最高のロックンロールやね。

BURNING SPIRITS LIVE 2004-2005(DVD)


現在も活動中で日本でも古参の筆頭に入りそうだが、
本当にリリースが少ないですね。
ここで映像がみれますが、多分当時から全く変わってないんであろう
ロックンロールが堪能できます。

#052

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.12.21

ガーゼ

遅ればせながら聴いた。

貧乏ゆすりのリズムに乗って(CD)

もう書くことは特にないです。説明不要!とにかく聴けや!!これだけ

#001-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.03.02

暴威(BOØWY)

「なんやこれって、お前パンキーやがな」

っと、狂撃に「ON MY BEAT」をカバーされたこともあって久しぶりに聴く。

MORAL(CD)

暴威(BOØWY)と言えば2nd以降どんどん洗練されていって一躍スターダムに
のし上がるのですが、この1stだけはちょっと違うと思うし、オレの中では
このアルバムはパンクだと思ってます。

ブログタイトルも漢字のほうで書いたが、唯一このアルバムは漢字表記時代の
荒々しさを纏っていると思うのね、ただ一聴すると音のほうは布袋サウンドに
既になっていて所謂BOØWYの音ではあるんですが、ここで特筆すべきは
やっぱり氷室狂介(この時代の名前は狂のほうですw)の歌詞とヤサグレ具合に
他ならない。
もう後の恋愛関連の歌詞とは違ってここでは、どうしようもない不満や怒り、妬み、
八つ当たり感がブチ撒けられていてパンクとしかいいようがない、というかチンピラやな。

実際、氷室は何かの雑誌のインタビューでみたけど、バンドやれへんかったら
ヤクザになってのたれ死にしてた。。云々っていうぐらい不良だったようやし
リアルにチンピラだったんでしょう。
狂撃がカバーしたのも頷けるってもんだ、ホンマ死ぬで。


あ、ちなみに2nd以降は盤はもってないけど、結構スキですよ、世代ですしね
カラオケでも歌うし♪

#051

| | Comments (13) | TrackBack (2)

2007.02.28

JAPAN 狂撃 SPECIAL

ウホ、遂にでたぁ~待ちに待った1st ALBUMです。
LPで欲しかったんですが発売が遅れるとの事、残念、、、

I LOVE PUNKY NIGHT(CD)

暴走族なのかパンクなのか?

いつもライブ会場で見かけるその姿はとても強烈で昭和世代のオレとしては
なんとも言えない懐かしいような、新しいような不思議な気分にいつもさせてくれます。

そんな彼らに対する疑問符の回答がパンク+ヤンキー=パンキーだった!!
(パンキーは関西弁のアクセントで読んでくれ)
そうだったのか、ナルホド!

そして、そんな彼らの最新作は仏恥義理の出来、
1stEP,VA/混沌~あたりまではハードコアよりかなって感じの音の作りだったけど
今作では激しいの激しいけど、どこかポップ(良い意味で)な感じです。
特にホーンが入った「銭」、「特攻精神力」(この曲大好き)とか最高ですね、
全体通して曲や歌詞にも様々なネタが仕込まれてて、もうなんでもありの
唯我独尊狂撃音でもう誰も彼等を止められません。

最近、毎日これ聴いて気合い入れて通勤してます。つう訳で、なめんなよ!!

#050

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧